兵庫・姫路の整理収納アドバイザー笹田奈美子です。

今日も前回に引き続き、和室クローゼットのこどもスペースの整理について
書いていきたいと思います。
前回の記事 → 


全部出して、何もない状態になったクローゼット。





次に、外に出したモノたちを
使う・使わない」で分けていきます。





ワゴンやケースから出して、1つずつ手に取って分けていきました。
↓ 左が使うモノの山。右が使わないモノの山。




使わないとなったモノは、後日処分したり、リサイクルショップに持っていったりしましたよ。
その時の記事 → 


分けた後は、要るものをケースに詰めていきます。
この辺りは、私も手伝いつつ、ほぼ子供にお任せしました





押入れのおもちゃだけでなく、おもちゃコーナーのおもちゃも入れ替え中~




自分の使うものを入れている場所は、使う人本人が整理する

というのが、.うちの鉄則です。
開催している「こどものお片付け講座」でも毎回お伝えしています。

もちろん、全部ひとりで子供に任すのではなくて、
お母さんも一緒に!が基本なんですが、
子供が使う場所を、いつもお母さんが整理・収納していたんでは、
子供はいつまでたっても、整理の方法が分からないんですよね



なので、一緒にやる
やらせてみると、子供なりに自分が使いやすいようにを考えて
入れてくれますよ


今回は、中段に入れていた衣装ケースをひとまず下に下ろして
その日の作業は一旦終了~。
中段に無駄な空間が出来るので、棚などの収納用品を検討しようと思います。


続きはまた明日。


今日の格言
こどもが使うモノの整理は、こどもも一緒に!


読んでいただいて、ありがとうございました。


にほんブログ村  シンプルライフへ   
 ↑ 応援のクリック頂けるとうれしいです

関連記事
和室(こどもスペース) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示